• 水田昌宏

    水田昌宏

    現在都内に通う大学2年生の水田昌宏です。

    ボランティア活動や国際的な難民救助の情報、NPO・NGOに関する情報を発信しています。

    自分自身もボランティア活動に積極的に参加しています。

    興味がある方は是非、ご覧ください。

  • 水田昌宏オフィシャルTwitter

  • ブログ

    水田昌宏によるブログを配信しています。

    ボランティアをやっていて何かいいことがあったか、と聴かれることもたまにありますが、私の場合はコミュニケーション能力がアップしたと思います。もともと私はそれほど積極的に他人とコミュニケーションを取るほうではありませんでしたし、どちらかというと大人しいタイプでした。しかし、ボランティア活動の現場においては大人しくしていても意味がありませんし、積極的かつ自発的に行動することが求められます。自然とコミュニケーションスキルが磨かれたのは良かったと思いますね。   自分から人に話しかけることもあまり得意ではなかったのですが、ボランティア活動を始めてからは積極的に話しかけることができるようになりました...
    続きを読む...
    大きな震災が起きたときには現地でボランティアスタッフが活躍します。私もかつて被災地ボランティアとして一度だけ尽力したことがありますが、その時の経験からこれは持っておいたほうがいい、というものをここでご紹介したいと思います。被災地ボランティアではいろいろなものを持っておいたほうがいいのですが、救急セットはできれば持っておいたほうがいいと思います。リュックサックに入れておけばいざという時に役立ちますからぜひ用意しておいてください。 ケガをしたら現地で手当てをしてもらったらいいのでは、と思った方もおられるでしょうが、基本的に被災地における支援スタッフというのは空気のようなものと考えなくては...
    続きを読む...
    初めてボランティアに参加したときは不安もありましたし、緊張もしていました。高校生でしたし、周りは大学生や大人の人ばかりだったので相当緊張していたのを覚えています。ただ、その時のボランティアスタッフの方はみんな優しい方ばかりでしたし、数時間作業したらもう周りに馴染むことができていました。ボランティアに参加してみたいけど不安、というのは誰もが思うことです。初めは誰でもそうですが、勇気を出して参加してみることが大切だと思いますよ。 ボランティア活動を進める中でさまざまな問題に直面することもあります。私は今でも活動中に分からないことや不明なことに直面することはよくありますし、そのたびに現場の...
    続きを読む...
    ボランティアツアーというのをご存じでしょうか。あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、これはある旅行会社が東日本大震災から約二ヶ月後のゴールデンウイークに企画したのが始まりと言われています。東日本大震災で壊滅的なダメージを受けてしまった地域にボランティアとして参加したいという方はたくさんいましたが、具体的にどのようにすれば現地で活動できるか分かりませんでした。そこで、旅行会社がバスツアーを企画して誰でも被災地で支援活動ができるようにしたのです。 ボランティアツアーに参加するメリットですが、一つにはツアーとしてまとまった行動が可能ということが挙げられます。被災地での単独、少数での行動は...
    続きを読む...
    世の中には耳が聞こえないという方もいます。耳が聞こえないということは会話でコミュニケーションをとることができませんし、言葉以外の手段を使ってコミュニケーションを図る必要があります。耳が不自由な方とコミュニケーションをとるときによく用いられるのが手話です。私もボランティア活動の一環として多少手話を習ったことがありますが、まだ完璧にはできません。今後ボランティア活動の幅をもっと広げるためにも手話はぜひマスターしたいと思っています。 手話は正しい知識と技術をマスターしていないと聴覚障害を持つ方にこちらの意思が伝わりません。また、相手の手話をきちんと理解できるだけの能力を持っていないとコミュ...
    続きを読む...
    同じ大学に通う友人でとても猫が好きな子がいるのですが、猫を飼いたいからとある動物保護系のボランティア団体に連絡を取ったそうです。飼い主の身勝手で捨てられてしまった猫や犬を保護している団体は日本各地に存在しますし、定期的に譲渡会や里親探しなども行っていますが、基本的にこうした団体は審査がとても厳しい傾向にあります。私の知人も以前動物保護系のボランティア団体にコンタクトをとって犬を譲渡してもらおうと思ったそうですが、あまりにも審査が厳しくて断念したと言っていました。 大学生の友人も、男性であること、一人暮らしであること、学生であることを理由に譲渡を断られてしまったそうです。本人は猫が本当...
    続きを読む...
    ライフセーバーという資格をご存じでしょうか。海や川といった場所では突発的な事故が起きやすいですし、時に人命に関わるような惨事を引き起こしてしまうこともあります。万が一海や川で事故が起きそうなとき、スピーディに救助活動を行う人のことをライフセーバーと呼びます。また、いざという時の救助活動だけではなく、常に状況を監視して事故がおきないようにするのもライフセーバーの仕事でしょう。このライフセーバー、ボランティアで参加している方もたくさんいます。 私の友人がボランティアスタッフとしてライフセーバーをやっていました。もともと海が好きな友人でしたし、まったく苦痛じゃなかったみたいですね。彼がライ...
    続きを読む...
    被災地でボランティア活動をするときにお金をどれくらい持っていけばいいのか、という疑問を抱いた方もおられるでしょう。私も過去に一度だけ被災地ボランティアの活動をしたことがありますが、その時は大した金額を持っていかなかったと思います。せいぜい2~3万円程度だったと思いますし、3泊くらいしかしていませんからそれくらいで十分だと思ったのです。実際、現地でそこまでお金を使うこともありませんでしたし、そんなに持っていく必要はなかった気もします。 ただ、被災地といのは何が起こるか分かりませんから、多少余裕のある金額を持っておくと安心かもしれません。あまりたくさん持ちすぎていると財布を落としたり、泥...
    続きを読む...
    海外ボランティアに参加する人のきっかけや動機はまちまちです。もともと日本でボランティア活動をしていて海外での活動にも興味を持ったという方が多いですが、とりあえず新しいことにチャレンジしてみたかった、日本を離れていろいろな経験をしてみたかったという理由で海外ボランティアに参加する方も少なくありません。理由はどうあれ、支援活動に参加するというのは素晴らしいことだと思いますし、私自身もいずれは海外で支援活動に参加したいと思っています。   海外の支援活動に参加した方の多くは活動を通じて自分を再発見することができたと口にします。これは国内だけで活動している人にはにわかに理解できないと思いますが、...
    続きを読む...
    自分の力で誰かの役に立ってみたい、そう考えたことがある方もおられるのではないでしょうか。もし、そのように考えているのならボランティア活動への参加をおススメします。私も高校生の頃からボランティア活動をしていますが、ボランティア活動を経験することでさまざまなことを知ることができました。支援活動を通じて得た経験は自分にとって大きな財産だと思っていますし、今後の人生でもきっと役に立つものだと思っています。 今後支援活動に身を投じてみたいという方のために注意点をお話したいと思いますが、一番大切なのは支援対象者の気持ちを第一に考えるということです。自分の思い込みで活動するのはもっともダメなことで...
    続きを読む...
    他の投稿
  • ボランティアに初めて参加する前に

    I pursue passions not paychecks.

    初めまして、水田昌宏と申します。数々のボランティア活動に参加している私が、初めて参加する場合の注意点をご紹介します。

    ボランティア活動がしたい、被災して困っている人の支援をしたい、という思いがあっても、一人で被災地に行くのはさまざまなリスクや迷惑をかけることもあります。特に経験がない場合は、ボランティア活動についてさまざまなことを理解し、把握してから行くことが大事です。

    自分も参加して少しでも支援がしたいと思ったら、被災地にある災害ボランティアセンターの情報を確認してみましょう。ホームページをチェックして、現在どのような活動ができる人を募集しているか?活動内容はどういったものか?などを知ることができます。現地ではNPOや民間の団体が活動していることも多いので、そこに登録してから活動する、という方法もあります。被災地にとって、どれくらいの人数が必要なのか?どのような活動が求められているのか?受け入れ体制は?などが異なりますので、事前に情報を入手しておきましょう。

    現地では宿泊や食事は自分で用意するのが基本です。現地の人に迷惑をかけないためです。そのため、経験がないと分からないことも多いでしょう。そういった場合は、旅行会社などが企画しているツアーもあるので、チェックするといいです。

    また、「活動のことを何も分かっていない」と感じているなら、説明会などに参加してみるといいでしょう。民間のボランティア団体やNPOでは、活動をしたいと思っている人を対象にした、説明会を開催しています。説明会では、団体の活動内容や方針などのほか、現地での服装や宿泊、食事のこと、心構えなども知ることができます。分からないことがあれば、質問をして解決したり、納得したりすることもできます。体験談なども聞くことができるので、不安の軽減につながるでしょう。

    すべての投稿
    ×